藤沢地区バレーボール協会
会長 黒田 裕

先ずは、湘南藤沢クラブ10周年おめでとうございます。心よりお祝い申しあげます。

県バレーボール協会の中でいち早く 「総合型バレーボール」に名乗り上げ、クラブを 育成してはや10年。種々の困難に当たりその都度解決してきた、市協会荒井副会長始め 担当者の方々の日々の粘り強いご指導、ご努力に深く敬意を称します。

10年を過ぎたとの事は、喜ばしい事でありますが、これは単なる通過点であり、 新たな問題が山積みとなっています。

例えば、

一指導者では、解決するには不可能であると思われますが、この点について、市協会担当 荒井副会長は、持ち前の粘り強さと気配りで良く答えています。
これが、10年の原動力でありましょう。彼無くしては、為し得なかったと思っています。

私事でありますが、県の強化指導を担当していた頃は、低学年の現在の様なカテゴリーは なかったですが、小学生については善意の熱心なバレーボール指導者が、個人でチームを組織し、 同じ様な仲間と交流試合をおこなっていました。協会としては、社会体育の分野として処理して きました。地区のバレーボール発展を目標としている協会として今後どのように対処して いくのでしょうか。

現在の教育では、小学生のときにより良い学力を付けねば有名校に入れないとの考え方が強く、 最も大切な身体の養成に目が行かないのが現状であります。

湘南藤沢クラブでは、心身共に強いお子さんに育ててはいかがでしょうか?

終わりに、湘南藤沢クラブの今後益々の発展をお祈りします。

このページのトップへ